早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>疲れをためない

疲れをためない

早起きを上手に行うためにも疲れを貯めない生活を行います。

疲れが溜まるから、睡眠で回復させる。
コレは当たり前の事ですが、疲れがたまっている体では
早起きする事はとても難しい事です。

寝ることで体の疲れは回復します。
しかし一晩で回復できる以上の疲れがたまっていると
早起きは難しいものになります。

朝目が覚めても、疲れが残っていれば起きる事は難しくなります。

疲れを貯めないために運動をしない、のでは本末転倒です。

大事な事は、一晩の睡眠で回復するだけの疲れにしておく事。


疲れが取れないときは、市販されているスタミナドリンクなどを
使い一晩の睡眠で疲れが回復するようにしておきます。

疲れを取るには薬用養命酒などの漢方がいいですね。
梅酒などもぐっすり寝る事が出来ます。

朝起きたときに疲れがあるとなかなか置きだす事が
出来ません。せっかく起きても2度寝してしまう可能性も
あります。

疲れを必要以上に貯めない事が早起きのポイントです。





ページのTOPに戻る

早起き4つのコツ
 ・疲れをためない
 ・ストレスをためない
 ・起きる時間を決める
 ・早起きの目的を作る

朝の楽しみを見つける
 ・朝の楽しみを見つける
 ・新聞読んでいますか?
 ・体重を量ってみる
 ・早起き起業
減らせ内臓脂肪! ・下がれコレステロール!

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。