早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>目覚ましで目を覚ます

目覚ましで目を覚ます

早起きの必需品と言えば目覚まし時計です。目覚まし時計が無ければ管理人BJは早起きは出来ません。


 目覚まし時計はいくつも種類がありますが、好きな物を使うようにしましょう。ただし目が覚めないような小さな音の目覚まし時計ではあまり意味はありません。


 目覚まし時計は手の届かない位置においておきます。手の届かない位置に置けば間違って止めてしまうことはありません。また複数セットしておく事で確実に早起きが出来るようになります。


 目覚まし時計を複数セットするときは、時間をずらしておきましょう。同じ時間にアラームがなるよりも時間がずれているほうが効果的です。


 なれるまでは大変ですが、目覚ましの音で目が覚めるようになりましょう。目覚ましの音に気が付かずに寝ているようなら理由を考えます。疲れやストレスで目覚ましの音がわからないぐらい熟睡しているようなら疲れを取る事、ストレスを解消する事が大事です。


 睡眠のサイクルは約1時間半です。起きる時間から逆算して4時間半、6時間、7時間半前に布団に入ると睡眠サイクルの力もあり気持ちよく目を覚ます事が出来ます。



眠りのための一工夫
 ・眠りを誘うアロマオイル
 ・リラックス音楽


ページのTOPに戻る

実践早起きのコツ
 ・寝る前の自己暗示
 ・目覚ましで目を覚ます
 ・とにかく布団から出る

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型



スポンサードリンク



洗える羽毛ふとん8,800円〜送料無料!

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。