早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>SASと合併症

SASと合併症

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんが合併しやすいのは糖尿病です。

糖尿病全体の95%をしめる非インスリン依存性糖尿病です。
これは成人になってから徐々に発症する生活習慣病のひとつです。

発症には、遺伝因子のほか食べすぎ、肥満、運動不足の
環境要因が大きく影響します。

糖尿病は摂取した糖質を十分に代謝できなくなるため
血統が異常に増える病気です。

多くは膵臓から分泌されるインスリンが不足しておこりますが
睡眠時無呼吸症候群の方はインスリンが十分に分泌されているにもかかわらず血糖値が高いケースが見られます。

血糖値が高い状態が続くと膵臓のインスリンを分泌させる
ベータ細胞が疲れてしまいます。このためインスリン分泌不全や
インスリン作用低下を招き、糖尿病に進む事が考えられます。

血糖値が高い方は注意が必要です。










ページのTOPに戻る

早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

睡眠時無呼吸症候群
 ・睡眠時無呼吸症候群
 ・いびきから解る前兆
 ・特徴的な体形
 ・SASの主な症状
 ・SASの問題点
 ・SASと合併症
 ・昼間のSASチェック

ナルコレプシー 過眠症
 ・ナルコレプシーとは?
 ・昼と夜の睡眠リズム
 ・昼間の眠気対策
 ・周囲の理解が大事

ダイエットの基礎知識
 ・肥満の状態
 ・あなたの標準体重
 ・肥満の判定
 ・肥満のタイプ
 ・体脂肪とは

肥満と生活習慣
 ・肥満と生活習慣病
 ・内臓脂肪型肥満
 ・肥満症と治療
健康HP ・減らせ内臓脂肪! ・下がれコレステロール! ・嫁に隠れてダイエット

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。