早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>特徴的な体形

特徴的な体形

睡眠時無呼吸症候群といびきには特徴的な体形の共通点
があります【いびきから解る前兆】

 特徴的な体形
 ・大きなお腹
 ・小さいあご
 ・短い首

いびきをかく人が多いのは30歳〜60歳の肥満の男性と
言う統計があります。

太っている人はのどにも脂肪が付きやすく気道が
狭くなりやすいためです。


首の短い人も気道の周りに脂肪が付きやすくなる
傾向があります。


小さなあごの人は仰向けに寝ると舌の付け根が普通の
人よりものどの奥に落ち込みやすく気道が狭くなってしまいます。

私たち日本人の特徴として平らな顔、小さなあごなど
睡眠時無呼吸症候群になりやすい特徴があります。

肥満気味の方はのどや気道周りに脂肪が付きやすく
なるため注意が必要です。










ページのTOPに戻る

早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

睡眠時無呼吸症候群
 ・睡眠時無呼吸症候群
 ・いびきから解る前兆
 ・特徴的な体形
 ・SASの主な症状
 ・SASの問題点
 ・SASと合併症
 ・昼間のSASチェック

ナルコレプシー 過眠症
 ・ナルコレプシーとは?
 ・昼と夜の睡眠リズム
 ・昼間の眠気対策
 ・周囲の理解が大事

ダイエットの基礎知識
 ・肥満の状態
 ・あなたの標準体重
 ・肥満の判定
 ・肥満のタイプ
 ・体脂肪とは

肥満と生活習慣
 ・肥満と生活習慣病
 ・内臓脂肪型肥満
 ・肥満症と治療
健康HP ・減らせ内臓脂肪! ・下がれコレステロール! ・嫁に隠れてダイエット

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。