早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>疲れると眠くなる

疲れると眠くなる

私たちの体は疲れると眠くなるようになっています。

夜遅くまで起きていたり、徹夜をした翌日や、とても忙しい日の夜は眠気が強くなります。また眠りの質も深くなります。


私たちの体は、疲れや睡眠不足に応じて睡眠を促します。

徹夜をした次の晩には、睡眠前半部の眠りが深くなる事が研究でわかっています。

このような眠りの仕組みは、睡眠不足や、疲労を常にバランスよく調整し回復させるためのものです。

このような事を専門用語で【睡眠恒常性維持機構による睡眠調節】と呼ばれています。
    
疲れや睡眠不足の時は眠くなるのが当たり前と感じますが、これは体がバランスよく調整し回復させるためのものです。

健康を維持するためにも、睡眠不足や疲労がたまったらしっかりとした睡眠を取り、疲れを回復させる事が大切です。


疲れていても眠れない時はちょっと注意が必要です。

自律神経が乱れると、寝つきが悪くなったり寝ている途中で目が覚めるので十分に睡眠時間をとっているつもりでも、眠りが浅くなっているために結果として睡眠不足となり、翌日に目覚め辛かったり、日中に眠気や倦怠感などが起こることがあります。

自律神経が乱れる原因としては、ストレスや不規則な生活、疲れ、季節の変わり目の急激な温度変化などが考えられます。

ホットミルクを飲むと寝つきが良くなり、質の良い眠りが取れるようになります。

牛乳には、トリプトファンという必須アミノ酸が体の中でセロトニンという神経伝達物質に合成されます。

セロトニンが、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促進する働きをしますので、良く眠れる様になります。

牛乳にはカルシウムも含まれます。カルシウムには、精神安定効果があります。更に温めることで、リラックス効果も得られるので、寝つきが良くなります。






ページのTOPに戻る

疲れは早起きの大敵
 ・ストレッチで疲労回復
 ・水で疲労回復
 ・炭水化物で疲労回復
 ・疲れた頭の疲労回復
 ・ビタミンで疲労回復
 ・クエン酸で疲労回復
 ・タオルで疲労回復
 ・半身浴で疲労回復
 ・入浴剤で疲労回復
 ・サウナで疲労回復
 ・チョコレートで疲労回復


早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業


快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。