早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット管理人BJの早起き方法>8時間にこだわらない

8時間にこだわらない

毎日の睡眠時間はどれくらい必要かたずねると
平均8時間と言う答えが返ってきます。

実は8時間睡眠には科学的根拠はありません。

8時間の睡眠時間が必ず必要ではないのです。


8時間睡眠にこだわるために眠る事が出来ない時があります。
本来十分眠っているのに睡眠不足と思い込む時があります。


早起きを行うために、
8時間睡眠にこだわり過ぎない事が大切です。


大事な事は良く眠ったと思う時間です。
私たちは寝ている間に、浅いノンレム睡眠、深いノンレム睡眠、レム睡眠を1パターンとして繰り返しています。

このパターンは約90分の時間がかかり、
レム睡眠が終わるころに目を覚ますととても爽快な気分で目が覚めます。


目覚めがさわやかな睡眠時間は、 ・・・
4時間半、6時間、7時間半、9時間と言う計算になります。
体と心を休めるには6時間前後の睡眠があれば
気持ちよく早起き出来る事になります。


あなたが起きたい時間の、6時間前にベットに入ると
気持ちの良い早起きが出来ると思います。


 管理人BJの睡眠時間
管理人BJは、12時に布団に入り、5時前に起きています。
4時間半のパターンで起きる事が出来ると
本当に気持ちよく起きる事が出来ます。









ページのTOPに戻る

早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

管理人BJの早起き方法
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝る時間は変えられます
 ・気持ちよく起きた時間
 ・寝る前にお酒は飲まない
 ・時計の位置は重要
 ・早起きは枕から
 ・早起きの楽しみ
 ・まずは15分からはじめる
 ・週に1回の早起き
 ・起きられなくても大丈夫
 ・楽しい事だけ考える
 ・意外な効果おまじない
 ・8時間にこだわらない
 ・ストレスを溜め込まない
 ・転寝には要注意

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型
健康HP ・減らせ内臓脂肪! ・減らせコレステロール! ・嫁に隠れてダイエット

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。