早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>サウナで疲労回復

サウナで疲労回復

疲れを取るためには体の中に溜まった乳酸をとる必要があります。血液中の乳酸濃度を下げるためには、温度の高いお風呂に入り体を温めるのが一番です。

お風呂よりも温度が高いサウナは、疲労回復に適した入浴方法です。

サウナに入る時間の目安は、10分〜20分ぐらいです。サウナに入る時間は時計で測るよりもその日の体調で決めるようにしましょう。

温度の低いサウナに長時間はいるよりも、高温のサウナに短時間はいるほうが疲労回復効果があります。

サウナは短時間を数回に分けて入ります。途中に冷水に入り体を冷やします。この冷水で体を冷やすことはとても重要でサウナで広がった血管が収縮され交感神経が刺激され自律神経の働きが高まります。

サウナに入ると約400mlの汗が出ます。これは運動30分に相当しダイエットの効果もあります。

サウナから出たら横になりゆっくり休むようにしましょう。体に良くても毎日入るのはよくありません。体に負担がかかりかえって疲れを感じてしまいます。

 のぼせ防止
濡れタオルを頭に乗せる事で、脳を循環する血液の温度が冷やされのぼせの防止になります。










ページのTOPに戻る

疲れは早起きの大敵
 ・ストレッチで疲労回復
 ・水で疲労回復
 ・炭水化物で疲労回復
 ・疲れた頭の疲労回復
 ・ビタミンで疲労回復
 ・クエン酸で疲労回復
 ・タオルで疲労回復
 ・半身浴で疲労回復
 ・入浴剤で疲労回復
 ・サウナで疲労回復
 ・チョコレートで疲労回復

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター



Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。