早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>半身浴で疲労回復

半身浴で疲労回復

風呂の入り方には、全身浴と半身浴があります。
疲労回復には半身浴がお薦めです。

全身浴は、体全体に水圧がかかりますが、
半身浴は下半身にしか水圧がかかりません。
このため体にかかる負担が少なく、
長時間お風呂に入る事が出来ます。

お湯はぬるま湯で約38度(冬は約40度)に、
30分ぐらいゆっくり入ります。

ぬるま湯にすることで、副交感神経が刺激され、
緊張感がやわらぎリラックスした状態になります。
キャンドルや、照明、音楽を聴きながら入ることで
リラックス効果が高まります。


半身欲を行うことで、体を芯から温めるだけではなく、
体の毒素を排出したり、新陳代謝を活発にさせる効果もあり
夜もぐっすりと寝る事が出来ます。


 半身浴の入り方
   ご飯を食べてから30分以内は入らない。
   胃が膨らんで心臓を圧迫する恐れがあるからです。
   お湯はぬるま湯に入るようにしましょう。
   半身浴は汗を沢山かくのでミネラルウォーターなどで
   水分を補給しましょう。
   糖分の多いものを飲むとビタミンB1が失われるので
   注意が必要です。
   キャンドル、照明、音楽を使うとリラックス効果が上がります。










ページのTOPに戻る

疲れは早起きの大敵
 ・ストレッチで疲労回復
 ・水で疲労回復
 ・炭水化物で疲労回復
 ・疲れた頭の疲労回復
 ・ビタミンで疲労回復
 ・クエン酸で疲労回復
 ・タオルで疲労回復
 ・半身浴で疲労回復
 ・入浴剤で疲労回復
 ・サウナで疲労回復
 ・チョコレートで疲労回復

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター



Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。