早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>水で疲労回復

水で疲労回復

疲れが溜まると血液や体液の流れが滞りがちになります。このようなときには水分を補給して血液や体液の体内循環を促してあげましょう。


水を飲むことで栄養素と酸素が体のすみずみまでいき、代わりに老廃物は体の外に運び出されていきます。このため元気を取り戻す事が出来ます。水は発汗を促して体温を調節して体調を維持する作用もあります。


体の水分量は約65%。体の水分量が少なくなると血液中の粘度が増してどろどろになり血栓が出来やすくなります。血栓が血管に詰まると脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされるのです。


1回に飲む水の量はコップ1杯。これ以上飲んでも吸収されずに体の外に出てしまいます。あまり冷たい水は吸収が悪いので15度ぐらいのお水をゆっくり飲むようにしましょう。水道水を飲むときは浄水器を通したり5分以上沸騰させたものを飲むと良いでしょう。


スーパー、デパートで世界のミネラルウォーターを購入する事が出来ます。水道水では満足できないあなたは、一度試してみてはいかがでしょうか。自宅に持ち帰るのが大変と思う方にはインターネット購入がお薦めです。名水を飲んで体元気


水を飲むとき
  目覚めのお水が、新陳代謝を活発にします。
  仕事前の1杯が脳の回転がよくなり集中力が上がります。
  食事前のお水で胃腸が刺激され、消化機能が高まります。
  お風呂は汗をかくので、入る前に水分補給しておきます。
  寝る前にお水を飲んで緊張をほぐしていきます。









ページのTOPに戻る

疲れは早起きの大敵
 ・ストレッチで疲労回復
 ・水で疲労回復
 ・炭水化物で疲労回復
 ・疲れた頭の疲労回復
 ・ビタミンで疲労回復
 ・クエン酸で疲労回復
 ・タオルで疲労回復
 ・半身浴で疲労回復
 ・入浴剤で疲労回復
 ・サウナで疲労回復
 ・チョコレートで疲労回復

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター



Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。