早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>ストレッチで疲労回復

ストレッチで疲労回復

肩こりや腰痛、むくみなどは筋肉中の血液の流れが悪くなる事が原因とされています。血行の流れが悪くなることを血行不良といいます。


血行が悪いと、老廃物が筋肉の組織から上手に排出されずに疲労物質となってしまいます。

これが肩こりや腰痛となって感じる事が出来ます。血行不良で静脈の血液の流れが悪くなることでむくみが起こります。


ストレッチを行い、筋肉を伸ばすと血管は縮みます。筋肉を緩めると血管が元に戻ります。

このときに血液が勢いよく流れ筋肉の中に貯まっていた老廃物を流してくれます。

このような動作を繰り返すことで筋肉の老廃物が流され、栄養分を十分に取り入れ肩こりや、腰痛を解決します。血液自体も流れるのでむくみも解決されます。


 ストレッチのコツ
力任せで筋肉を引っ張ると筋肉組織をいためてしまいます。ゆっくり時間をかけて伸ばすようにしましょう。

無理に伸ばさず気持ちの良い痛みを感じるくらいにしておきましょう。

息を吐きながら伸ばし、息を吸いながら戻すと効果的にストレッチが出来ます。

      
 アミノバイタル
運動時の筋肉に最も重要なのが分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれるロイシン、イソロイシン、バリン。激しい運動の際、筋肉中のアミノ酸が充分であれば、筋肉が傷ついて起こる疲れや痛みを抑えられるとともに、ダメージを修復した後の筋繊維は20%アップの強さで再生されると言われています。>アミノバイタルで体元気








ページのTOPに戻る

疲れは早起きの大敵
 ・ストレッチで疲労回復
 ・水で疲労回復
 ・炭水化物で疲労回復
 ・疲れた頭の疲労回復
 ・ビタミンで疲労回復
 ・クエン酸で疲労回復
 ・タオルで疲労回復
 ・半身浴で疲労回復
 ・入浴剤で疲労回復
 ・サウナで疲労回復
 ・チョコレートで疲労回復

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター



Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。