早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>朝型、夜型の遺伝子

朝型、夜型の遺伝子

睡眠の深さと脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンにはとても密接な関係があります。先天的にセロトニンの分泌量が少ないと不眠になりやすく、多いと眠りは深くなる傾向にあります。


これは生まれつきの体質の問題で遺伝子の問題となります。セロトニンの多い人には高血圧が多く朝方、少ない人は低血圧がちで夜型という傾向にあります。


財団法人東京老人総合研究所の線虫を用いた研究によると寿命関連遺伝子の中には生物のさまざまな生体リズムをつかさどる【クロック遺伝子】と言うものがありこの遺伝子にキズが入ると運動のリズムが遅くなったり、成長が遅くなったり、寿命が長くなったりする事が解っています。


人間の睡眠のリズムもこのような【クロック遺伝子】と関係がある事がこれからの研究で解るかもしれません。










ページのTOPに戻る

早起きコラム
 ・美人と睡眠の話
 ・寝だめの効果
 ・寝酒の効果
 ・早起きの有名人
 ・低血圧と早起き
 ・羊が1匹、羊が2匹、
 ・早起きに飲むお水
 ・最高に怖い夢
 ・ストレスと早起き

睡眠の話
 ・眠りとストレス解消
 ・昼食後に眠いのはなぜ?
 ・夢を見るのはなぜ?
 ・夢は役に立つの?
 ・勉強は寝る前が効果的
 ・眠くなる曲は名曲
 ・笑顔と睡眠
 ・熱帯夜と扇風機
 ・眠りとHの微妙な関係
 ・朝型、夜型の遺伝子
 ・睡眠と交通事故
 ・寝る前のココア
 ・一夜漬けの効果
 ・ダイエットと睡眠不足
 ・大人の睡眠時間
 ・寝相と性格の話し
 ・睡眠時間と仕事の関係
 ・試したくない睡眠方法
 ・金縛りの恐怖

早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター
減らせ内臓脂肪! ・減らせコレステロール! ・嫁に隠れてダイエット

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。