早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>寝る前の強い光はよくない

寝る前の強い光はよくない

眠りと光の強さにはとても強い関係があります。

朝の光を浴びてから14時間前後に眠りを誘うホルモン、
メラトニンが分泌されはじめます。その後すこしずつメラトニンは
増えていき2時間もすればぐっすり眠くなるはずです。

しかし、寝る前に強い光のところですごすと体内時計の
リズムが崩れ、メラトニンが十分分泌されないことがあります。
メラトニンの分泌が原因となり寝つきが悪くなってしまいます。

メラトニンの分泌を妨げないように、寝る前の2時間前後は
強い光を避けるようにしましょう。

寝る前の明るさは、200ルクス以下が理想とされています。

家庭のリビングは、1000から300ルクスぐらいです。
テレビやパソコンのモニターの前も200ルクスを超えてしまいます。

寝る前は暖色系の間接照明で過ごすと気持ちよく
眠りに付く事が出来ます。

寝る前に目が疲れていると快適に眠りに付く事が出来ません。
日頃から寝る前に目が疲れないように心がける事が大切です。

目の疲れを取るのはブルーメリーがお薦め。
ブルーベリーのアントシアニンが疲れ目の解消によく聞きます
一粒にブルーベリー160個分のサプリメントブルーベリーアイ
一粒29KCalと低カロリーなので寝る前にのんでも気になりません。

疲れ目には、わかさ生活のブルーベリーアイ





ページのTOPに戻る

早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

早起きは寝る時から
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝酒は厳禁!
 ・寝る前はリラックス
 ・ストレスを溜めない
 ・早起きを楽しむ

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型

早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター



Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。