早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単にできるようになります。
早起きネット>朝の光で目が覚める

朝の光で目が覚める

朝の光はとても大事です。
光の刺激で体内時計を調整するからです。

目が覚めたらカーテンをパット開いて背伸びをしましょう。
爽快な気分で1日を始める事が出来ます。

日光の光を浴びないとどうなるのでしょう?。
日光を浴びる時間に真っ暗な部屋で過ごしたり、
夜に強い光を浴びるような生活を送っていると
体内時計のリズムが狂い起きられない体になります。


遮光カーテンや雨戸を閉め切るなど、光が少ない部屋で
寝ている方は、起きたら朝日を浴びるようにしましょう。

朝日の刺激がないと、
目覚めをうながす刺激が不足するためです。



朝日を浴びないと日光の刺激で生成される
メラトニンのタイミングが遅れ夜眠るタイミングが
遅くなるので注意が必要です。


朝日を浴びることで、体内時計の狂いがリセットされます。
もし体内時計の狂いがリセットされがたくなると、
体内時計故障型の起きられない体になるので注意が必要です。


目が覚めてもシャキッとしない時は、すぐにカーテンを開けて
朝日を浴びてください。

朝日を浴びる事で体が刺激を受け目がさえてきます。
起きたらすぐにカーテンを開ける。
コレが早起きへの近道です。


不眠症の予防
 ・メラトニンについて
 ・メラトニンカタログ
 ・眠りを誘うアロマオイル
寝室改造計画
 ・広さとレイアウト
 ・色と睡眠効果
 ・明かりに気を使う
 ・カーテンにこだわる
 ・香りの効果











ページのTOPに戻る

早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

早起きは寝る時から
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝酒は厳禁!
 ・寝る前はリラックス
 ・ストレスを溜めない
 ・早起きを楽しむ

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型

早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター

お水で健康 -ウォーターサーバーで美味しいお水生活-
毎朝おいしいお水でスタート、気分もすっきり!
早起きで就職転職に有利な資格取得 → 今日から始める資格勉強ガイド

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。