早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単にできるようになります。
早起きネット>お酒の量も考えましょう

お酒の量も考えましょう

なたは、お酒を飲むと眠れると思っていますか?。


  



実はあまり飲みすぎるとぐっすりとした眠りを妨げられたり、トイレのために途中で起きたり、眠りが浅くなったり、二日酔いで頭痛に悩まされたりします。


 アルコールには中枢神経の抑制作用があり寝つきがよくなります。しかしノンレム睡眠が増え、レム睡眠が少なくなる事が解っています。

ぐっすり眠れていいように思えるのはノンレム睡眠が増えているからです。しかしレム睡眠が少なくなるので体はあまり休まっていません。

お酒を飲んだ次の日からだがしんどい事がありますがこのような理由があるからです。


 お酒を毎日飲むと、1週間ほどで深い眠りが減っていきます。

毎日お酒を飲むのをつずけると、【飲まないと眠れない】【少し飲んだだけでは眠れない】【もっと飲む】このような悪循環になります。

このような悪循環になると肝臓などの機能にも影響が出るのでほどほどにしないといけません。


 寝るためのお酒は、体によくありません。夕食のときにほろ酔いぐらいにすると、ぐっすりと眠ることが出来ます。

管理人BJも、寝る前にビールを飲んだりしますが、朝は起きにくいしなんだか疲れも取れていない気がします。


ページのTOPに戻る

コンテンツ
早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

早起きは寝る時から
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝酒は厳禁!
 ・寝る前はリラックス
 ・ストレスを溜めない
 ・早起きを楽しむ

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型

早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター


Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。