早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単にできるようになります。
早起きネット>初めての徹夜体験

初めての徹夜体験

初めて徹夜をしたのはいつだったでしょう。


  



学生時代はどんなに遅くても1時には寝ていました。今でこそ3時、4時まで起きていたりしますが、学生時代は10時には寝るような生活をしていました。

会社に入ってからも寝る時間はそんなに遅くなく早い時間には寝ていたと思います。

入社当時、管理人の会社では、月に数回順番で会社に泊まりこみがありました。もちろん一人です。泊り込みがあると、仕事が終わってからお酒やお菓子、いろんなものを差し入れして遅くまで遊んで帰るなんとも【ほんわか】した習慣がありました。

当時、会社でカードゲームがブームで止まりこみの日に遅くまでカードゲームで遊んでいました。遊びに夢中で日も替わっていたのに誰も帰ると言い出しません。それもそのはず次の日は休みなんです。

さすがに眠たくなった人がぽろぽろ帰りだしましたが、下っ端の管理人BJが帰れるはずも無くお開きになったのは、朝6時を回っていました。

実は管理人BJは、仕事だったんです。

前日仕事を終わって、遊びとはいえ徹夜をし、また仕事。本当にしんどかったです。

一番恥ずかしかったのは、ちょっと寝るはずが、会社開始のチャイムが鳴った時に事務のおばちゃんに起こしてもらったことです。マジで恥ずかしかったです。

仕事の前日は、徹夜はほどほどにしましょう。


ページのTOPに戻る

コンテンツ
早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

早起きは寝る時から
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝酒は厳禁!
 ・寝る前はリラックス
 ・ストレスを溜めない
 ・早起きを楽しむ

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型

早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター


Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。