早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単にできるようになります。
早起きネット>寝ないとどうなるの?

寝ないとどうなるの?

あなたはどれくらい起きていられますか?。管理人は24時間起きているのは無理です。徹夜も遊びでしかした事がありません。それくらい眠りについては貪欲です。


  



アメリカの実験で、64時間の断眠実験を行った結果があります。2日から3日たつと起きている事が辛くなります。眠たくてしょうがない状態ですね。この状態になると数秒間の睡眠を行うようになります。【あっ】寝てたかもと思う状態ですね。

実験で行われたテストでは、作業能力がすべてにおいて低下した結果が出ています。単純作業の効率低下、記憶力や注意力の低下、特に複雑な作業が著しく低下した結果が出ています。

実験結果から、長時間の睡眠不足中の作業、特に試験勉強等の記憶力、注意力が必要な物は、睡眠をとりながら行わないと効果が下がると言うことです。

慢性的な睡眠不足は、心身の不調をもたらし、うつ、高血圧、糖尿病の引き金になる可能性があるので注意が必要です。


ページのTOPに戻る

コンテンツ
早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

早起きは寝る時から
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝酒は厳禁!
 ・寝る前はリラックス
 ・ストレスを溜めない
 ・早起きを楽しむ

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型

早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター



Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。