早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単にできるようになります。
早起きネット>動物たちの睡眠時間

動物たちの睡眠時間

朝起きられない人、毎日グウタラしている人をたとえて【ナマケモノ】と呼ぶ事がありますが、動物のナマケモノは、本当に怠け者なんでしょうか?。


  



ナマケモノは夜行性の動物で、1日に20時間寝る動物です。すばやい動きも出来ません、毛繕いもしないので体にコケが生えていることもあります。

1日20時間も寝て、毛繕いもせず、体にコケが生えるのでは【ナマケモノ】は立派な怠け者ですね。

動物の睡眠時間
 20時間 オオナマケモノ
 19時間 キタオポッサム、オオチャイコウモリ
 18時間 オオアルマジロ
 17時間 ヨザル、ココノオビアルマジロ
 16時間 ホッキョクジリス
 14時間 猫、ハムスター
 13時間 ハツカネズミ、鼠
 12時間 ホッキョク狐、ゴリラ、アライグマ
 11時間 ビバー、スローロリス
 10時間 ジャガー、ベルベットモンキー
 09時間 チンパンジー、ヒヒ
 08時間 人、ブタ、ウサギ、ハリモグラ
 06時間 灰色アザラシ
 05時間 イワダヌキ
 03時間 牛、ヤギ、アジア像、ロバ、羊
 02時間 イロジカ、馬
 00時間 イルカ

動物の睡眠時間を調べてみてもやはり、ナマケモノはだんとつの睡眠時間を誇ります。ダラダラしている人をナマケモノとたとえるのもわかる気がしますね。

イルカの睡眠時間は0時間です。イルカの睡眠は脳が左右で片方ずつ眠るからだと言われています。脳全体が眠る事がないので睡眠時間が0時間となるわけです。

管理人BJの睡眠時間は平均すると6時間ぐらいです。毎日の睡眠時間は12時に寝て5時前に起きるので5時間ですが、休みの日に少し長く寝る事が出来るので平均6時間ぐらいの睡眠時間になります。灰色アザラシと同じくらいの睡眠時間と言う事になります。


ページのTOPに戻る

コンテンツ
早起きネット
 ├ ・サイトマップ
 ├ ・早起き情報紹介
 ├ ・睡眠情報紹介
 └ ・健康情報紹介

気持ちよく起きる方法
 ・管理人の目覚まし時計
 ・朝の光で目が覚める
 ・冬の朝は起きられない
 ・寝たままストレッチ
 ・朝のクラクラ撃退
 ・目覚まし時計を工夫する
 ・すっきりと目覚める
 ・一杯の水で目が覚める
 ・朝のシャワーですっきり
 ・朝食で目覚めすっきり
 ・休日は朝寝坊

早起きは寝る時から
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝酒は厳禁!
 ・寝る前はリラックス
 ・ストレスを溜めない
 ・早起きを楽しむ

早起き出来ない理由
 ・睡眠不足型
 ・悪い生活習慣型
 ・寝すぎ型
 ・現実逃避型
 ・体内時計故障型

早起き時間の使い方
 ├ ・美味しい朝食
 ├ ・早起きスキンケア
 ├ ・早起き勉強方法
 └ ・早起き起業

快適早起き用品
 ・ 早起きパジャマ
 ・ 爽快早起き枕
 ・ 爽快早起き布団
 ・ 早起きベッド
 ・ 早起き目覚まし時計
 ・ 目覚ましウォーター



Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。