早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>スキンケア情報

スキンケア情報

早起きしても、目が覚めないときは、シャワーが一番です。

シャワーを浴びるときは、少し熱めのシャワーを浴びる事で体と、副交感神経の刺激になり、目がすっきりと覚めます。


早起きして、シャワーを浴びたときは、いつもより時間をかけて スキンケア をしてはいかがでしょうか。

時間をかけてスキンケアを行う事で、体だけでなく気持ちもすっきりとして、爽快な気分で1日がおくれる事でしょう。


現在の肌の状態を知ることから始めましょう。不調を感じるときや季節の変わり目は、肌質が変化しているかもしれません。

定期的な肌質チェックを心がけ、トラブルを未然に防ぎましょう!

 洗顔
朝は石鹸洗顔から。ぬるま湯で軽く予洗いしてから石鹸を泡立てて洗います。タオルは綿100%の清潔なものを使いこすらずに顔の上に乗せる感じで水気を取ります。

洗顔料をよく泡立てて泡で顔を包んで洗うのが基本。

石鹸洗顔は、石鹸で顔を洗えばいいというものではありません。

手のひらで石鹸をたっぷりと泡立ててその泡を肌の上で転がすようにして汚れを落とすのが基本です。このとき出来るだけきめ細かい泡をう来るのがポイントです。

泡が多いと油の汚れが吸着しやすいので力を入れて洗わなくても汚れが落ちやすくなります。


 洗顔料の選び方

十分に汚れが取れた肌からは菱も一緒に落ちるためある程度のつっぱりかんがあります。すすいだ時さっぱりとし、肌にキュッキュッという感触があるものを選びます。

しっとりとする場合は薄い油膜が肌に残っていて洗浄力が不足しています。

完璧に汚れを落とそうと手で顔をこすったり洗いすぎてしまうのは禁物です。

洗顔にスクラブ剤やピーリング剤を使うのは顔をこする異常の刺激を与えるためよほど肌の強い人意外はお奨めできません。

角質を取る効果があるものは必要以上に使用すると角質が剥がれ肌の保湿機能が低下し乾燥や肌荒れを起こしやすくするので注意しましょう。

人の肌は弱酸性に保たれています。そのため弱酸性の洗顔料を使った方が肌に良いと思っている人もいるようです。しかし弱アルカリ性の石鹸を使っても一時的に弱アルカリにかたむいてもすぐに水ですすぎますし肌には弱酸性に戻す自然治癒力があります。

洗顔力の弱い弱酸性の石鹸を使うと汚れが落ちにくくなる可能性もあるので注意が必要です。汚れをきちんと落としてその後の化粧品で肌をしっとりさせる事が美しい肌に必要な事です。



 洗顔料の種類

固形石鹸タイプ
さっぱりしたタイプからしっとりしたタイプまでさまざまな肌タイプの物があります。手やネットであわ立てて使います。

フォームタイプ
チューブに入っている物が多く、泡立てて使用する洗顔料です。オイリーからドライまで色々な肌タイプのものがあります。

ジェルタイプ
透明なゼリー状の洗顔料。ジェルが皮脂の汚れを包み込んで落とします。肌に優しく洗い上がりのツッパリが少ないのが特徴です。

ムースタイプ
泡状の洗顔料です。手にとってそのまま使えるので忙しい時に便利です。

パウダータイプ
粉末状の洗顔料を手のひらやネットであわ立てて使います。洗顔力の強い酵素や硫黄を含んだものなど目的にあわせて選びます。



 化粧水
洗顔後の肌には化粧水での水分補給が必要です。保湿成分の高い化粧水をコットンか手のひらで肌になじませていきます。毛穴を引き締めたい時はコットンで軽くパッティングします。



 美容液、乳液
化粧水で補給した水分を保つために美容液を顔全体に伸ばし保湿効果を高めます。



 クレンジング情報
クレンジングはスキンケアの第一歩です。

クレンジング剤にはいろいろなタイプがあります。オイル、乳液、ジェルといった違いや使用方法などあなたの肌質にあっツ亜物を選ぶことが大切です。

簡単、便利という事でウエットテッシュタイプや洗顔料と一体のものを使用する人もいますが最後の汚れが残ったりします。

クレンジング剤の選び方
クレンジング剤には大きく分けて洗い流すタイプとふき取りタイプがあります。

ふき取りタイプはテッシュやコットンでふき取る時に肌に摩擦の負担がかかり毛穴に汚れが入り込むのであまりお奨めできません。

洗い流すタイプは肌への刺激は最小限のためお奨めです。

メイクは特別に落ちにくい物以外ほとんどクレンジング剤で落とすことが出来ます。落ちにくい化粧品は製品専用のリムーバーの使用が効果的です。

クレンジング剤の油分が多いとメイクはよく落ちますが石鹸洗顔後も油を肌に残します。これを肌がしっとりしていると勘違いする人が多いのです。

反対にさっぱりしたタイプでは汚れが充分に落ちません。中間のタイプをきちんと選ぶようにしましょう。




乾燥肌のスキンケア 
乾燥葉だのスキンケアは、高保湿ケアを心がけましょう。クレンジングにはクリームやミルクタイプなどの仕上がりがしっとりするものを選び、皮脂の取りすぎによる乾燥を防ぎます。

化粧水は保湿効果の高いものをコットンでやさしく押さえるようにして、丁寧に肌に浸透させましょう。

仕上げはクリームで蓋をするように保湿を。週に一度はマスクやパックでの集中保湿が効果的です。


油肌のスキンケア 
油肌のスキンケアは、毛穴へのアプローチケアを心がけましょう。洗顔後の開ききった毛穴には、コットンを使ったパッティングが効果的です。

化粧水を毛穴の奥にまでしっかりと浸透させましょう。その後は油分を含まない、さらりとした使い心地のもので十分に保湿することも忘れずに!


 機能性化粧品の選び方
機能性化粧品は自分の肌と目的に応じて選びます。

機能性化粧品は美肌、アンチエイジングなど特定の効能が得られる化粧品として人気があります。シミやしわを防ぐ、老化を遅らせると聞けばすべて試したくなりますがあなたの肌に必要ない場合効果がマイナスになる事もあります。

20代の人は40代から使い始めるようなアンチエイジングの化粧品をプラスするよりも基本のスキンケアの段階で保湿効果のある化粧水や美容液をたっぷり使う方が美しい肌を維持できます。

機能性化粧品は肌との相性も大切です。同じ美白化粧品を選ぶ場合でもオイリーに傾きがちな肌の人と乾燥しやすい肌の人では選択条件が違います。

同じメーカーの化粧品を使っても効果の現れ方は人によって違ってきます。

機能性化粧品を購入する時は必要な効果が期待できる自分の肌質に合った製品を選ぶように心がけましょう。


美白成分の進歩派は著しく最近では頼りになる化粧品も出てきています。ただし美白化粧品を使ったからといって劇的な効果を期待するのは考え物です。

濃いシミを消すようなことは化粧品の仕事ではありません。しかし地道に使えばくすみの改善やシミの予防には効果があります。


 年代別化粧品の選び方
肌の老化の震度には個人差があります。早い人では20代後半から衰えが見られる場合もあります。老化のスピードを遅らせようと20代から油分の多いクリームや機能性化粧品を使っている人も少なくありません。

しかし皮脂の分泌量が少なくなるのは40代になってからです。30代後半まではある程度分泌していますから20代の人が老化防止にとクリームなどをつけると過剰な油分が汚れとなりトラブルの原因となります。


20代で使う化粧品
くれんじんぐや洗顔料は洗い上がりのさっぱりしたものを使います。皮脂の分泌がさかんな年代なので化粧水はノーマルスキン〜オイリースキンタイプのものがお奨めです。

美容液は顔全体につけるよりも乾燥している部分を中心に使います。


30代で使う化粧品
クレンジングや洗顔料は、ピーリングタイプなど角質を過剰にとり過ぎるものはさけるようにします。

皮脂分泌に個人差が出てくる年代なので化粧水はノーマルスキンタイプが基本ですが乾燥しがちな人はオイリースキンタイプを使用します。

美容液は必需品です。


40代で使う化粧品
皮脂の分泌が少なくなり乾燥が心配されます。保湿成分のしっかり入った化粧水で水分補給を心がけましょう。

アンチ栄ジング化粧品はオイリースキンの人にはちょっとこってり感があるかもしれません。乾燥しがちな人は使っても良いでしょう。


 美肌と快適な眠り
肌の生まれ変わりをターンオーバーといい、肌の生まれ変わりがスムーズに行われれば若々しい肌を維持する事が出来ます。

ターノーバーは午後10時〜午後2時の時間帯に活発となります。

睡眠中が美肌にとってとても重要な時間になります。

私達の体は昼活動し夜は体を回復維持するようにコントロールされています。

リズムを無視して不規則な生活を行うと肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の仕組みもずれてしまいます。

肌のためのゴールデンタイム(午後10時〜午後2時)に毎日必ず眠れるとは限りません。しかし時間帯の一部であっても安眠する時間が取れるなら肌に良い効果をもたらします。

夜の生活リズムを作るのも効果的です。

スキンケア、ニュウヨク、就寝というリズムを作って習慣にしてぐっすり眠れるようにしてみてはいかがでしょうか。
自分に合った寝具を選びましょう
早く布団に入ってもなかなか寝付けない、眠りが浅い、というのでは意味がありません。布団の固さや重さによっても安眠が妨げられます。

敷布団が柔らかすぎないか、掛け布団が重過ぎないか確認し眠りやすい環境を作るように心がけましょう。


枕の高さも安眠の決め手
人はそれぞれ首の長さや細さ、頭の重さなどが違います。高さの合わない枕を使うと不眠だけでなく頭痛や肩こりを併発する事もあります。

自然にたっているときは頚椎は緩やかにカーブしていますが睡眠時もこのカーブを保てる事が枕選びの目安となります。枕はお店で試してから購入するようにしましょう。


眠りを楽しむための演出効果
アロマテラピーは心身をリラックス、リフレッシュさせてくれます。

お気に入りの香水やエッセンシャルオイルを枕に一滴落とす、就寝前にアロマキャンドルを使うなどすると安眠をもたらす効果があります。




ページのTOPに戻る

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。