早起きの方法を体験談も基に紹介。早起きは簡単に出来るようになります。
早起きネット>仕事と早起きの関係

仕事と早起きの関係

早起きと仕事には意外な関係があります。仕事でやってはいけない事、それは遅刻です。学生のときは遅刻をしても許されていましたが社会に出たら遅刻は許されません。


  




  早起きすれば遅刻する事はありません!


ビジネス雑誌では朝のじかんが注目されています。出来る社長といわれている人はとにかく朝が早い。管理人BJの朝5時起きよりも早くから仕事を行う方が多くおられます。


雑誌の社長インタビューで皆さんが答えられているのが、朝は集中力が高まり仕事のアイディアが次々に生まれてくること。朝は誰にも邪魔され酢に仕事を心行くまで出来る事が上げられるそうです。


私たちのような社会人にも早起きは仕事に良い影響を与えます。早起きをして速く会社に出社すれば上司や年配者からの評価は確実に上がります。

特に年配者は自分よりも遅く出社する年下の人をあまり評価しません。


早く出社するだけで、【がんばって仕事をしている】と思われるのですから、時間ギリギリに出社する意味がなくなります。


早く出社する事で、仕事の準備も余裕で出来るので仕事開始と同時に仕事に取り掛かる事が出来ます。たとえれば仕事前に助走を漬けているようなもの。朝から全開で仕事が出来れば確実に評価が上がります。


見られていないようでも、上司や年配の方はしっかりと見ていますよ。


ページのTOPに戻る

コンテンツ
早起きネット人気情報
 1位 早起きの目的を作る
 2位 水で目覚めすっきり
 3位 朝食に健康食材
 4位 毎日5分の英語勉強
 5位 仕事と早起きの関係

管理人BJの早起き方法
 ・睡眠時間を削らない
 ・寝る時間は変えられます
 ・気持ちよく起きた時間
 ・寝る前にお酒は飲まない
 ・目覚まし時計の位置は重要
 ・早起きは枕から
 ・早起きの楽しみ
 ・まずは15分からはじめる
 ・週に1回の早起き
 ・起きられなくても大丈夫
 ・楽しい事だけ考える
 ・意外な効果おまじない
 ・8時間にこだわらない
 ・ストレスを溜め込まない
 ・転寝には要注意

朝時間の使い方
 ・朝の5分は昼の15分
 ・5分の早起きは簡単!
 ・早起きして何をする
 ・目的か早起きか
 ・朝出来る簡単勉強
 ・自分だけの時間に使う

疲れは早起きの大敵
 ・ストレッチで疲労回復
 ・水で疲労回復
 ・炭水化物で疲労回復
 ・疲れた頭の疲労回復
 ・ビタミンで疲労回復
 ・クエン酸で疲労回復
 ・タオルで疲労回復
 ・半身浴で疲労回復
 ・入浴剤で疲労回復
 ・サウナで疲労回復
 ・チョコレートで疲労回復

Copyright(C) 早起きネット 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

早起きネットは、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
早起きネットの無断転載、無断コピー、を禁止します。